ワインにあうおつまみ ヴィンナチュラルを始めた理由

その他

ワインにあうおつまみを販売するショップ ヴィンナチュラルを始めた理由は前回にも少しお話ししましたが、将来飲食店をサポートできる人間になりたい。そのためのスキルとノウハウが欲しいという理由からです。

2020年3月以降、飲食業界は苦境に立たされています。
私が勤めている飲食店も、客数が激減し、休業と営業再開を何度も繰り返しており、いつ閉店してもおかしくない経営状況の中にあります。
店や会社がなくなってしまった時の事を考え、自分の力で家族を支えていくために、今自分の持っているスキルを検証してみました。
店舗を運営していく事や店舗を管理していくこと、スタッフへの教育等が浮かびました。この力は、他のコンサルタントや店長経験者と比べて秀でているのか?差別化できるのか?と考えると、心もとないスキルのように感じました。ソムリエの資格を持ってはいますが、他の店舗で指導が出来るほどの経験値とはとても言えないので、自分自身のスキルに段々と自信がなくなってしまいました。

今、飲食店、特に個人経営の飲食店が求めているものは何かを想像してみました。
お店を開けることができない。お客様は外食を避けられている。宅配や持ち帰りは増えている。自分達の商品をネットで販売し、売上減をカバーする、もうひとつの柱にしたい。そう考えられている個人店の店主様が多いのではと勝手に想像しました。
私にそのスキルがあれば、必要とされるかもしれない。そんな考えから、まずは自分でショップを作り、ノウハウを学び、スキルとしよう。
それがヴィンナチュラルを始めた理由です。

しかし、このネットショップでの販売を進めていくにつれ、そのスキルを身に付けるという事が簡単なことでないということ。そして、そのスキルを持った人達がすでに沢山活躍をされているということを知る事になります。

ネットで物を買うこともほとんどなく、ITにも疎い自分が出来るのかという不安との闘いが始まるのです。

現実を知らないからこそ、その時のテンションで、これはいけるぞと進めていったのだと思います。

それから、大切な人たちとの出会いがヴィンナチュラルを後押ししてくれるのです。

応援してくれる人達に出会わなければとっくに挫折していたと思います。

自分が楽しめる事、応援してくれる人がいること、その先に誰かの役に立てるということ

それが副業だけでなく、これからビジネスを始められる方にとっても大切な要素ではないかと思います。

これから販売開始というスタートライン、本当に大変なのはこれからです。

でも、この最初の想いは忘れないよう記しておき、挫けそうな時にはここに戻ろうと思います。

ヴィンナチュラル

ご購入はこちら

関連記事

特集記事

TOP