ワインに合うおつまみ ヴィンナチュラルが目指すもの

その他

ワインに合うおつまみを販売するショップを運営していく先に、何を目指しているのか。

いずれは、飲食店の支援が出来るようなスキルを身に付けたい。飲食店の経営者、特に小規模の個人経営でされているような方が自分の店の商品をネットで販売したいと考えた時に、効果的なお手伝いが出来るスキルを自分が持っていたら、世の中に必要とされるのではないかと考えたからです。

経営のアドバイスや接客トレーニングをする飲食店向けのコンサルタントのお仕事は出来る方が沢山いらっしゃると思います。ネットで商品を販売する事に精通しているコンサルタントもいらっしゃると思いますが、まだ数も少ないし、大手の企業を相手に高額な料金が発生するかも知れません。 (よく把握しておりませんが)
個人経営のお店だと高額なコンサル料は支払えないし、公的な機関だとサポートが弱いしとお考えの方がいらっしゃるのでは、と考えました。それなら、自分も必要とされるかも、需要があるかも知れないという希望が見えました。

コロナウイルスの感染拡大によって、やむなく閉店しまう店が多数出ており、私が勤務している和食店もいつ閉店という通達が来てもおかしくないくらい厳しい業績が続いています。飲食店は生き残っていく為に、テイクアウトを強化したり、ズームを使ってのイベントを企画したり、必死に努力をしています。それでも人が沢山集まって外食をする機会は間違いなく減ることでしょう。
自店の人気商品をご家庭で召し上がって頂けるように、賞味期限の長い商品があれば売上の支えになるのではないかということを考えていました。

ネットで物を売るということは簡単な事ではありません。随分と前から、楽天市場、アマゾン等大企業によるネット販売は熾烈な争いを繰り広げており、個人がスキルなしで飛び込める世界ではないという事は重々承知しています。
ただ、コロナ禍においての飲食店の利用傾向を見ていると、自分のよく行く飲食店が大変だろうから、どうせ行くならいつものあの店にしよう、知らない店で感染したくないから信頼のおけるいつもの店にしようという傾向があるのではないかと感じられました。せっかくの外食だから失敗もしたくないし。そんな傾向が少なからずあるような気がします。
小さくてもファンをしっかり掴んでいる所は、お客様の支持を得られている。でも、行きたくても食事に行けないというその店のファンもいる。そんなファンの為の商品、テイクアウトもいいけど、離れた知り合いにも送ってあげたい、そんな商品があれば支持して頂けるのではないか、そんな商品提案が出来ないかと。

私が目指すものは、飲食店に希望を与えるお手伝いが出来るようになること、ヴィンナチュラルはお客様の嗜好と指向を学ぶ場として生かしていけたらと考えています。

ヴィンナチュラル

ご購入はこちら

 

関連記事

特集記事

vinnatural

vinnatural

ワインと料理のペアリングが大好きなソムリエです。和食店や寿司店で長いキャリアを積み、和食との相性の良い料理のワインの提案が得意です。生産者との繋がりを大事にし、日本ワインの販売にも力を入れていきたいです。

最近の記事

  1. はじめてのマルシェ出店

  2. ローストビーフに合うワイン

  3. スモークサーモンに合うワイン

※20歳未満の方への酒類の販売は致しません。
TOP